テレシステムのロゴ

Yealink T46G ハイエンド カラー スクリーン IP 電話

Yealink T46G ハイエンド カラー スクリーン IP 電話

利用可能な機能は異なる場合があります。 特定の機能セットは、元の注文と各展開に対するシステム管理者の要求に基づいています。 システムへの追加については、システム管理者または Telesystem に直接お問い合わせください。

Yealink T46G ハイエンド カラー スクリーン IP 電話 1

通話処理の基本

電話に出る
ハンドセットを持ち上げて、発信者と話し始めます。 または、[応答] ソフト キー、[スピーカー] ボタン、または [ヘッドセット] ボタンを押して、着信に応答することもできます。
電話をかける
ハンドセットを持ち上げて、ダイヤルする電話番号、内線番号、またはコードを入力します。 [送信] を押して通話を開始するか、通話が完了するまで待ちます。
通話を終了する
受話器を切るか、通話終了のソフトキーを押します。
ミュート
ミュートを押します
ボタンを押して、通話中に音声をミュートします。 解除するにはもう一度押します。

スピーカー
スピーカー ボタンを押して、スピーカー オーディオ モードを使用します。

ヘッドセット
ヘッドセット ボタンを押して、ヘッドセット モード オーディオを使用します (ヘッドセットが接続されている必要があります)。

音量
音量ボタンを押して、ライブ コール中にアイドル状態またはオーディオ モードのときに着信音の音量を調整します。

ホールド

保留ボタンまたはソフト キーを押して、アクティブ コールを保留にします。

通話を再開するには: 

  • XNUMX つだけ保留中の場合は、 ボタンまたは Resume のソフトキーを押します。
  • 保留中の通話が複数ある場合は、 ボタンと ボタンを使用して目的の通話を選択し、 または [再開] ソフトキーを押します。

高度な通話処理

ブラインド転送 (予告なし)
ブラインド転送では、発信者の発信者 ID が第三者に渡されます。

  • 転送ソフトキーを押して、最初の通話を保留にします。
  • 宛先の内線番号または電話番号を入力
  • 転送ボタンまたはソフトキーを押して転送を完了します

宛先番号として 7 と内線番号をダイヤルして、内部ボイスメール ボックスに直接転送します。
転送の発表 

  • 転送ボタンまたはソフトキーを押して、最初の通話を保留にします。
  • 宛先の内線番号または電話番号を入力します。 XNUMX 番目の通話が接続されている間、通話を続けます。
    •  第三者と話した後に転送を完了するには、電話を切り、[転送] ボタンまたは [転送] ソフトキーを押します。
    • 転送をキャンセルして最初の相手に戻るには、Cancel または EndCall ソフトキーを押します。 最初の通話は保留のままです。

会議(三者間)通話

  • 会議ソフトキーを押して、最初の通話を保留にします
  •  第三者の内線番号または電話番号を入力します。 XNUMX 番目の通話が接続されている間、通話を続けます。
  • 会議ソフトキーを押して、通話に参加します。

電話会議中に、次のことができます。 

  • 電話を切る: これにより、会議からあなたが削除され、他の XNUMX つのパーティが互いに転送されます。
  • 管理: このソフトキーを押して、会議から人を削除するか、会議で XNUMX 人の人をミュートします (「遠隔ミュート」と呼ばれます)。
  • 分割: このソフト キーを押すと、電話機で両方の通話を個別に保留にできます。

高度な機能

リダイヤルする
リダイヤル ボタンを押して発信通話リストに入り、 と ボタンを使用して目的の通話を選択します。 選択した電話をかけるには、電話を取るか、[送信] ソフトキーを押します。

ボイスメール
ボイスメールにアクセスするには、メッセージからメッセージを押すか、あいさつを変更します。 ボタン。 プロンプトに従ってボイスメールをセットアップし、聞いてください。

メッセージが電話機に送信されている場合、メッセージ待機インジケータ ライトが点滅して、新しいメッセージが受信されたことを知らせます。

歴史
履歴ソフトキーを押して、最近の通話のリストにアクセスします。 および ボタンを使用して、不在着信、発信、受信、および転送されたすべての通話のリストをナビゲートします。

邪魔しないで
DND ソフトキーを押し、画面の指示に従って、応答不可をオンまたはオフにします。 有効にすると、内線番号または直通電話番号へのすべての直接通話がボイスメール ボックスに直接送信されます。 通常どおり発信できます。
Parking
パークは「共有」ホールドです。 パークされたコールは、サイトのすべての固定電話で表示およびアクセスできます。

  • コールをパークするには、使用可能なパーク キーのいずれかを押します。 これにより、呼び出しがそのパーキング オービットに転送され、関連するキーに点灯したライトが表示されます。
  • パークされた通話を取得するには、適切なパーク ボタンを押します。

ページ
ページ機能が有効になっている場合、電話機のグループ、すべての電話機、またはオーバーヘッド ページング機器を介して音声メッセージがブロードキャストされます。

転送電話サービス
個人回線・内線番号の転送は、電話から行うことができます。

  • 転送をオンにするには: *72 をダイヤルしてから、転送先の内線番号または電話番号をダイヤルします。 電話を取ってコマンドを送信します。
  • 転送をオフにするには: *73 をダイヤルしてから電話を取り、コマンドを送信します。

CommPortal 電話アプリケーション

Yealink T46G は、CommPortal インターフェイスに接続することで多くのサービスを提供する SIP 電話です。 このインターフェイスは、加入者にいくつかの電話アプリケーションを提供します。

  •  ネットワーク連絡先 (ディレクトリ)
  •  ホットデスク (ログアウト/ログイン)*
  • 自動着信分配 (ACD)*

これらのアプリケーションを使用するには、電話アカウントの正しいユーザー名とパスワードが必要であることに注意してください。 これらの資格情報は、アプリケーションを使用するときに入力する必要がある場合があります。
ユーザー名とパスワードは次のとおりです。

  • ユーザー名: 電話に関連付けられた直通電話番号
  • パスワード: 現在の CommPortal (アプリケーション) パスワード 直通電話番号またはパスワードがわからない場合は、システム管理者または Telesystem にお問い合わせください。

ネットワーク連絡先 (ディレクトリ)
ディレクトリソフトキーを押して、電話帳にアクセスします。 ディレクトリは、すべてのビジネス グループ内線番号、マルチ ライン ハント グループ (MLHG)、およびアカウントの CommPortal 連絡先をダウンロードします。
ホットデスキング (ログアウトボタン)*
場合によっては、すべての従業員が同時にオフィスにいるわけではないため、これらの従業員は物理的な電話を「共有」することがありますが、それぞれが個別のアカウント資格情報を持っています。 これは、ホット デスキングとして知られています。 Hot Desking を使用すると、従業員は電話からログインおよびログアウトできるため、その日の勤務先のデスクに資格情報を持ち込むことができます。 一度に XNUMX つの電話にのみログインすることが重要です。

電話からログアウトするには: 

  • ログアウトキーを押します。
  • LCD 画面に、「ログアウトしますか?」という警告が表示されます。
  • OKソフトキーを押してログアウトします。
  • 電話が再起動し、ログアウト画面が表示されます。 ユーザーが電話にログインするまで、電話をかけることはできません。

電話にログインするには:

  •  ログインソフトキーを押します。
  • アカウントのユーザー名とパスワードを入力します (前のメモを参照)。
  • OKソフトキーを押します
  • 電話機が再起動し、ログインしたユーザー設定で更新されます

自動着信分配 (ACD)*
コール センターまたはその他の着信グループに使用されるマルチ ライン ハント グループの一員である場合、電話システム管理者が、ACD ボタンを使用してこれらのグループにログインおよびログアウトする権限を付与している可能性があります。
グループにログインまたはログアウトするには: 

  • ACD ボタンを押します。
  • 自分がメンバーになっているすべてのハント グループのリストが表示されます。 それぞれの右側に、ログインしているかログアウトしているかが表示されます。 および ボタンを使用して、ステータスを変更するグループを選択します。
  • Login または LogOut ソフトキーを押して、そのグループのログイン状態を変更します。

真のコール センター マルチ ライン ハント グループ (キュー) のメンバーである場合、管理者は、ログインしている間、可用性を管理するように求める場合があります。この機能は My State と呼ばれます。 すべてのマルチライン ハント グループ コールの可用性を変更するには、次の手順を実行します。

  • 少なくとも XNUMX つのコール センター Multi Line Hunt Group にログインした後、My State ソフト キーを押します。
  • と ボタンを使用して選択したいステータスに移動し、OK ボタンを押してそのステータスに切り替えます。
  • 現在のステータスが電話画面に反映されます。 このステータスは、Multi Line Hunt Groups を介したコールにのみ適用されます。

すべてのハント グループからログアウトする前に、可用性を [利用可能] に変更することを忘れないでください。 回線キーは、次のようにさまざまな ACD 状態を示します。

  • ログアウト
  • ログイン済み、利用可能
  • ログイン中、利用不可
  • 要約

* これらの高度な機能は、最初に Telesystem チームによるセットアップが必要になる場合があることに注意してください。 詳しくはテレシステムまでお問い合わせください。 

ドキュメント/リソース

Yealink T46G ハイエンド カラー スクリーン IP 電話 [pdf]ユーザーガイド
T46G、T46S、T46U、ハイエンド カラー スクリーン IP 電話、T46G ハイエンド カラー スクリーン IP 電話

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。