VividRacing-ロゴ

ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード

ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig1

納入品目

ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig2

  • パフォーマンスのアップグレード
    あなたの車のために特別に調整された
  • Bワイヤーハーネス
    自動車グレード、あなたの車と互換性があります(1)
  • Cケーブルタイ
    パフォーマンスアップグレードとワイヤーハーネスを取り付ける
    2x長いケーブルタイ
    3x短いケーブルタイ
  • E非アクティブ化プラグ
    エンジンをストックチューンに戻します
  • Fユーザーマニュアル
    インストールと操作

オーバーview パフォーマンスアップグレードの

ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig3

  • パフォーマンスのアップグレードを制御するためのデジタル ユーザー インターフェイス。
  • マッピングを変更するためのB+/-ボタン(微調整を参照)
  • C電源オンライト; 車両のイグニッションがオンで、パフォーマンスアップグレードに電力が供給されている場合にのみ点灯します。
  • D選択されたマッピングを示すディスプレイ(微調整を参照)。
  • E 製品を取り付けるための結束バンド用のスロット
  • 車両の配線に接続するためのFFCIプラグ。

インストール

  • Step1-準備
    警告:
    チューニングモジュールを取り付ける前に、エンジンが冷えるのを待ってください。 そうしないと、火傷を負うリスクがあります。
    • ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig4 取り付けを開始する前に、パーキングブレーキ(緊急ブレーキ)をかけます。
    • ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig5 警報システムが取り付けられている場合:設置を開始する前に警報を無効にしてください。 詳細な手順については、自動車メーカーのマニュアルを確認してください。
    • ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig6 ボンネットが開いていて、電気の消費者がまだ活動している場合、一部の車は完全にロックされません。 これがあなたの車に当てはまる場合は、フードキャッチを手動で押し込み、車を再びロックして、約15時間待ちます。 XNUMX分。 取り付けが終わったら、フードリリースレバーを引いてキャッチを再度リリースすることを忘れないでください。
    • ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig7 イグニッションをオフにして、車両をロックします。 「Keyless Go」搭載車の場合: 車をロックした後、キーを信号範囲外 (車から約 11 ヤードまたは 10 メートル) に置きます。
    • ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig8 車両をロックした後、ステップ10を開始する前に約2分待ちます。これは、現在のすべての消費者が自分自身のスイッチを切っている必要があるためです。
      一般的に、インストールを実行するために特別なツールは必要ありません。 ツールが必要な場合は、これらの手順の関連する手順に到達したときにお知らせします。 おそらく、ケーブルタイの緩い端を切り取るのにワイヤーカッターが役立つでしょう。
      インストール中に質問や問題がある場合は、ヒントとヒントについてトラブルシューティングを参照してください。
      注意:
      • あなたが少なくとも10分待たないならば、電気voltage および信号の流れは、接続にまだ存在している可能性があります。 電気信号が流れている状態でコネクタを外すと、車両が損傷する可能性があります。
      • コネクタを外している間は、絶対にイグニッションをオンにしないでください。 ダッシュボードのチェックライトの危険!
      • バッテリーを外すと、車両が損傷する可能性があります。 取扱説明書で特に指示されていない限り、いつでもバッテリーを外さないでください。
      • 純正部品を取り外す必要がある場合は、車両メーカーのマニュアルで締め付けトルクを確認してください。
      • 電子車両コンポーネントの損傷を避けるために、静電放電に必要なすべての方法を実行したことを確認する必要があります。
      • チューニングモジュールは、在庫状態の車両用に開発、製造、テストされています。
      • サードパーティのオンボード診断(OBD)スキャンツールを使用すると、車両が損傷する可能性があります。 それらを使用しないでください。
  • ステップ2-コネクタの位置ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig9
    • (A)マニホールド絶対圧センサー
    • (B)ターボブースト圧力センサー
  • ステップ 3 – ターボ ブースト圧力センサーへの接続ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig10
    • セットアップ図ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig11
      • ターボブースト圧力センサーからプラグを外します。
        ターボブースト圧力センサーの取り外しに問題がある場合は、コネクターの取り外しを参照してください。
        支援のために正しく(別の文書)。
      • 次に、「B」とマークされたワイヤーハーネスの端を切断されたコネクターに接続し、もう一方の端をセンサーに接続します。
        プラグのロック クリップが再びかみ合っていることを確認します。 鋭いクリック音が聞こえるはずです。
    • ハーネスルーティングリファレンス–ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig12
  • ステップ4–マニホールド絶対圧センサーへの接続ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig16
    • まず、エンジンベイのマニホールド絶対圧センサーへの接続を見つけます。
  • ステップ5-セットアップ図ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig11
    • マニホールド絶対圧センサーからプラグを外します。
      マニホールド絶対圧センサーの取り外しに問題がある場合は、「コネクターを正しく取り外す(別のドキュメント)」を参照してください。
    • 次に、「A」とマークされたワイヤーハーネスの端を切断されたコネクターに接続し、もう一方の端をセンサーに接続します。
      プラグのロック クリップが再びかみ合っていることを確認します。 鋭いクリック音が聞こえるはずです。
  • ステップ6-ハーネスルーティングリファレンス–ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig13
  • ステップ7–接続と最初の機能テスト
    1. ワイヤーハーネスから非アクティブ化プラグを外します
    2. V2チューニングボックスをワイヤーハーネスに接続する
    3. 接続するとすぐにデジタルユーザーインターフェイスが点灯する場合は、インストール中にシステムに電力が供給されていたことを意味します。
    4. 場合によっては、これにより、最初の機能テスト中にエラーメッセージが表示されることがあります。 解決策については、トラブルシューティングを参照してください。
    5. 機能テストを実施する
      1. チューニングモジュールとワイヤーハーネスをエンジンベイに安全に配置します。
      2. イグニッションをオンにします。 エンジンを始動しないでください。
      3. 次のことを確認してください。
    6. ダッシュボードのコントロールライトが点灯し、通常どおり消灯します
    7. チューニング モジュールのデジタル ユーザー インターフェイスの電源オン ライトが点灯します (以上を参照)。view)
      1. 上記のすべてが発生した場合は、エンジンを始動できます。 通常どおりに起動し、アイドリング時にスロットルに反応するはずです。
      2. エンジンとイグニッションをオフにします。
        車が正常に始動しない場合のヒントについては、トラブルシューティングを参照してください。
  • ステップ8–チューニングモジュールとワイヤーハーネスの固定ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig13
    • チューニングモジュールをエンジンベイの所定の位置に固定する前に、ワイヤーハーネスも過度の張力をかけずに配線してしっかりと固定できることを確認してください。
    • 付属の360°固定クリップを使用してチューニングモジュールを固定し、ケーブルタイを固定クリップに通してワイヤーハーネスを所定の位置に保持します。ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード-fig14
    • 後日チューニングモジュールを取り外す必要がある場合は、クリップを解放するだけで、ケーブルタイを切断する必要はありません。
    • 適切なパスに沿ってケーブルを配線します(例:ample、既存のワイヤーハーネスに沿って)そしてそれを固定します。
      • 固定ポイントを選択するときは、チューニングモジュールが水、熱、振動にさらされないように保護されていることを確認してください。
      • チューニングモジュールを気密バッグに包まないでください。凝縮液が蓄積する可能性があります。
      • 運転中に過度に高温になる車両内の領域(排気システム、ターボチャージャーなど)にケーブルを配線しないでください。
      • ケーブルを可動部分に沿って配線しないでください。
      • ケーブルをホース(ブレーキホースなど)に固定しないでください。摩耗する可能性があります。
    • これでインストールプロセスが完了し、チューニングモジュールを使用する準備が整いました。
    • 車を試乗してください。

トラブルシューティング

ドキュメント/リソース

ビビッドレーシングワイヤーハーネス自動車グレード [pdf]ユーザーマニュアル
ワイヤーハーネス自動車グレード、ワイヤーハーネス、自動車グレード

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。