SATECHI X3 Bluetooth Backlit Keyboard

梱包内容


  • SLIM X3BLUETOOTHBACKLITキーボード
  • USB-C充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル

仕様

  • MODEL: ST-BTSX3M
  • DIMENSIONS: 16.65″ X 4.5″ X 0.39″
  • 重量:440g
  • WIRELESS CONNECTIVITY: Bluetooth

システム要件

  • BLUETOOTH VERSION: 3.0 or later
  • MACOSX: vl0.4 or later
  • IOS: Bluetooth enabled

関数

注意: キーボードレイアウト機能は、iOSおよびMACOSのデフォルト設定に基づいています。 OSによって出力が異なる場合があります。

  1. オン/オフスイッチ
  2. 電源/充電LEDインジケーター
  3. FNロックLEDインジケーター
  4. LEDインジケータ付きのBLUETOOTHデバイスキー
  5. FNキー
  6. USB-C充電ポート
  7. メディア/ファンクションキー
  8. CapsLockLEDインジケーター
  9. NUMBERPAD

オンオフ

  • To turn the Keyboard on or off, move the switch on the top of the device to the ‘on· position. The power indicator turns green for ~ 3 seconds and then turns off.

デバイスのペアリング

  • Press and hold one of Bluetooth Keys for ~3 seconds to assign a device to it. White LED Light should start Blinking.
  • ホストデバイスで、Bluetooth設定で「SlimX3キーボード」を探し、「接続」を選択してペアリングします。 白色LEDの点滅が止まり、ペアリングが成功したことを示します。 プロセスを繰り返して、最大4台のBluetoothデバイスを追加します。

注意:

  1. Afier 30 minutes non-operation, the keyboard will go to sleep mode. Please press any key to wake up.
  2. Quickly switch between 1, 23 及び 4 デバイスを切り替える。
  3. For buttons Fl ~ Fl 5 press the ‘Fn” key with the key to enable the function.

LEDインジケータ

  • オンオフ - turns green for 4s and turns off.
  • 低バッテリー– flashes green when it’s low battery.
  • 充電 - turns red when it’s charging.
  • フル充電– turns green and stays green.
  • メディア情報 to swap between Media keys and F-Keys. The white LED light gets brighter indicating FN lock is enabled.

バックライト

  • バックライトレベルは10あります。を押すと、いつでもバックライトレベルを変更できます。

注意: キーボードの電池残量が少なくなると、バックライトが消灯します。

キーボードの充電

  • When the battery is low. the power indicator will flash green Connect the keyboard to a computer or USB wall adapter using the included USB-C charging cable.
  • キーボードを2〜3時間、または赤い充電LEDライトが緑色に変わるまで充電します。 キーボードは、充電中に有線または無線で使用できます。

有線モード

  • Fn +を押します to activate the wired mode when USB-C cable is connected.
    The power LED light turns green. Press 1~4 button to switch back to Bluetooth mode.

HOT KEY FUNCTION & SUPPORT TABLE

 

MACOS機能

iOSの機能

ディスプレイの明るさを下げる 明るさを下げる
ディスプレイの明るさを上げる 明るさを上げる
Spotlightの検索 Spotlightの検索
アプリスイッチャー アプリスイッチャー(iPadのみ)
キーボードのバックライトを減らす キーボードのバックライトを減らす
キーボードのバックライトを増やす キーボードのバックライトを増やす
前のトラック 前のトラック
再生/一時停止 再生/一時停止
次のトラック 次のトラック
ミュート ミュート
ダウン量 ダウン量
ボリュームを上げます ボリュームを上げます
イジェクト 仮想キーボードをアクティブにする
Fnロック Fnロック
クリア クリア

安全指示

警告: 次の指示に従わないと、火災、感電、キーボードデバイスの損傷が発生する可能性があります

  1. マイクロ波放射源から遠ざける
  2. この製品の上に重いものを置かないでください
  3. 落下や曲がりがない
  4. 石油、化学薬品、または有機溶剤に近づけないでください

よくある質問

  • Can I use this as a wired keyboard?
    A:はい、SlimX3キーボードにはUSB有線接続が含まれています。 「FN+EJECT」キーを押すと、キーボードのUSB有線モードがアクティブになります。
  • キーボードにはさまざまなカラーライトオプションが付属していますか?
    A: Unfortunately, the keyboard is only equipped with a white backlight.
    However, you are able to cycle through 70 different brightness options.
  • フル充電でバッテリーはどのくらい持続しますか?
    A: The battery life of the keyboard can vary depending on the level of the
    backlight brightness but the longest the keyboard can last on a full charge is approximately 80 hours.
  • Why did my keyboard backlight dim/ turn off automatically?
    A: The backlight will automatically dim after one minute of non-usage. It will also turn off automatically once it reaches low-power mode. (Green flash ing LED a Low-Power Mode)

FCC

This device complies with part 1 5 of the FCC results.
操作には、次のXNUMXつの条件があります。
1. This device may not cause harmful ilterference and
2.このデバイスは、望ましくない動作を引き起こす可能性のある干渉を含め、受信した干渉を受け入れる必要があります。

Note: This Equipmem has been tested and found to comply with the limits for a class B digital device, pursllant to Part 15 of the Federal Communications Commission (FCC) rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with tne instructions. may cause harmful interference to radio communications.
ただし、特定の設置で干渉が発生しないという保証はありません。 この機器がラジオやテレビの受信に有害な干渉を引き起こす場合は、機器の電源をオフにしてからオンにすることで判断できます。ユーザーは、次のXNUMXつ以上の方法で干渉を修正することをお勧めします。

1。 1。 受信アンテナの向きを変えるか、再配置します
1.2 Increase the separation between tile equipment and receiver
1 .3. 受信機が接続されている回路とは別の回路に機器を接続し、コンセントに接続します
l .4. ディーラーまたは経験豊富なradionv技術者に相談してください
Changes or modifications not expressly approved by the manufacturer could void the user’s authority operate the equipment

CE適合宣言

Satechiは、この製品が該当するEC指令の必須要件およびその他の関連規定に準拠していることを宣言します。 ヨーロッパの場合、この製品の適合宣言のコピーは、次のWebサイトにアクセスして入手できます。 www.satechi.net/doc

助けが必要?

+1 858 2681800
[メール保護]

ドキュメント/リソース

SATECHI X3 Bluetooth Backlit Keyboard [pdf]ユーザーマニュアル
X3 Bluetooth Backlit Keyboard, X3, Bluetooth Backlit Keyboard

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。