ROLANSTAR高さ調節可能なデスクの説明
ROLANSTAR高さ調節可能なデスクの説明

一般的なガイドライン

  • 以下の注意事項をよくお読みになり、ご使用ください。
  • このマニュアルを保管し、製品を転送するときにお渡しください。
  • この要約には、すべてのバリエーションと考慮される手順のすべての詳細が含まれているとは限りません。 さらに詳しい情報やヘルプが必要な場合は、お問い合わせください。

免責事項

  • 製品は屋内での使用のみを目的としています。 指示に従って組み立てて使用する必要があります。 販売者は、不適切な組み立てまたは使用に起因する損傷または負傷について一切の責任を負いません。
  • カビを防ぐために、湿気の多い環境に長期間さらさないでください。
  • 組み立て中は、最初にすべてのネジを対応する事前に開けた穴に合​​わせてから、XNUMXつずつ締めます。
  • ネジは定期的に点検してください。 長期間使用するとネジが緩むことがあります。 必要に応じて、それらを締め直して、安定性とセキュリティを確保します。

警告

  • 子供が製品を組み立てることは許可されていません。 組み立て中は、飲み込んだり吸い込んだりすると致命的となる可能性があるため、小さな部品は子供の手の届かないところに置いてください。
  • 転倒による重傷を防ぐため、子供は製品の上に立ったり、登ったり、遊んだりすることはできません。
  • 窒息などの潜在的な危険を避けるために、プラスチック製の梱包袋は子供の手の届かないところに保管してください。
  • 製品の損傷や人体への傷害を防ぐために、鋭利なものや腐食性の化学物質は避けてください。

アクセサリーリスト


爆発した

ダイアグラム

ステップ 1

図、設計図

ステップ 2

ダイアグラム

ステップ 3

ダイアグラム

ステップ 4

デバイスのクローズアップ

ステップ 5

図、設計図

ステップ 6

ダイアグラム

ステップ 7

図、設計図

ステップ 8

図、設計図

ステップ 9

ダイアグラム

ステップ 10

図、設計図

ステップ 11

 

図、設計図

ステップ 12

ダイアグラム

ステップ 13

図、設計図

取扱説明書

ダイアグラム

上/下ボタン

∧を押して机を上げます。ボタンを離すと止まります。 ∨を押してデスクを下げます。ボタンを離すと停止します。 ∧/∨を押すと、
デスクの移動距離が非常に短いため、ユーザーは好みに応じてデスクの高さを微調整できます

デスクトップの高さのメモリ設定

位置設定:1つのメモリを設定できます。 ∧または∨ボタンを使用して、デスクトップを適切な高さに調整します。 そして、「2または4」ボタンを押して、
ディスプレイに「S-1またはS-2」が点滅し、メモリー設定が成功したことを示します。 ロケーションクエリ:実行モードで、1/2キーのいずれかを押して、キーメモリの高さをフラッシュします。
位置到達:実行モードで、デスクトップが停止したら、1/2キーのいずれかをXNUMX回押して、キーメモリのデスクトップの高さに調整します。 デスクトップが動いているとき、
いずれかのボタンを押すと停止できます。

最低高さ位置設定

位置設定:デスクトップを適切な高さに調整してください。 次に、「2」ボタンと「∨」ボタンの両方を5秒間押し続けます。 ディスプレイに「-do」と表示されると、最低の高さが正常に記憶されます。 デスクトップを最も低い高さの位置に落とすと、ディスプレイに「-Lo」と表示されます。
位置のキャンセル:
オプション1-初期設定プロセスを参照してください。
オプション2–デスクトップをディスプレイに「-Lo」と表示される最低の高さに調整し、「2」と下ボタンの両方を5秒間押し続けます。 このとき、ディスプレイは
設定された最低高さ位置が正常にキャンセルされたことを示す「-do」を表示します

最高の高さ位置設定

位置設定:デスクトップを適切な高さに調整してください。 次に、「1」と上ボタンの両方を5秒間押し続けます。 ディスプレイが「-up」と表示されたとき、最も高い
高さは正常に記憶されます。 デスクトップを最高の高さの位置まで上げると、ディスプレイに「-hI」と表示されます。
位置のキャンセル:
オプション1-初期設定プロセスを参照してください。
オプション2–デスクトップをディスプレイに「-h I」と表示される最高の高さに調整し、「1」と上ボタンの両方を5秒間押し続けます。 このとき、ディスプレイには「-up」と表示されます。
設定された最高高さ位置が正常にキャンセルされました。

初期設定

(通常の状態では、いつでも操作できます。 または、初めてコントローラーを交換します)ディスプレイが表示されるまで∧と∨の両方を押し続けます” – – –“、キーを離し、
その後、卓上は自動的に上下に移動します。 トップの動きが止まると、初期設定が成功します。

工場出荷時の設定を復元

ディスプレイにエラーコード「rST」または「E16」が表示されたら、ディスプレイが点滅するまで「V」ボタンを5秒間押し続けます」– – –「; キーを離してから、調節可能なデスクレッグを放します
自動的に機械的な最低点まで下降し、上昇して工場出荷時に設定された位置で停止します。 最後に、デスクは正常に機能します。

自動運動リマインダー

デスクトップが45分以上同じ高さの位置に留まると、ディスプレイに「Chr」と表示されます。 いずれかのボタンを押すか、何も操作せずに1分後に「Chr」の点滅が消えます。 リマインダーは3回続けて機能します。

一般的なエラーコード(問題の説明と解決策)

 

E01、E02

デスクレッグとコントロールボックス間のケーブル接続が緩んでいる

(上ボタンまたは下ボタンを押します。機能しない場合は、ケーブル接続を確認してください)

 

E03、E04

 

デスクレッグが過負荷になっている

(上ボタンまたは下ボタンを押します。機能しない場合は、デスクの負荷を減らすか、販売者に連絡してください)

 

E05、E06

 

デスクレッグのセンシング要素が失敗する

(上ボタンまたは下ボタンを押します。機能しない場合は、ケーブル接続を確認するか、販売者に連絡してください)

 

E07

 

コントロールボックスの故障

(しばらく電源を切り、デスクを再起動してください。動作しない場合は、販売者にご連絡ください)

 

E08、E09

 

デスクレッグが故障

(しばらく電源を切り、デスクを再起動してください。動作しない場合は、販売者にご連絡ください)

 

E10、E11

 

コントローラコンポーネントの故障

(しばらく電源を切り、デスクを再起動してください。動作しない場合は、販売者にご連絡ください)t

E12 デスクレッグの位置ずれ(初期設定プロセスを参照)
 

E13

 

サーマルシャットダウン保護(温度低下を待つ)

 

E14、E15

 

机の脚が動かなくなっている、または正しく機能しない

(上ボタンまたは下ボタンを押します。機能しない場合は、デスクの負荷を減らすか、販売者に連絡してください)

 

E16

 

デスクトップのバランスを崩す(工場出荷時の設定に戻す)

 

E17

 

コントロールボックスに保存されている主要なデータが失われました(販売者に直接お問い合わせください)

 

rST

 

異常なパワーダウン

(ケーブル接続を確認してから、工場出荷時の設定に戻します)

 

 

このマニュアルの詳細とPDFのダウンロード:

ドキュメント/リソース

ROLANSTAR高さ調節可能なデスク [pdf]手順
高さ調節可能なデスク、CPT007-YW120-RR、CPT007-BK120-RR、CPT007-BO120-RR

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。