PYLE PLRVSD300 デジタル モバイル レシーバー システム ユーザー ガイド
PYLE PLRVSD300 デジタル モバイル レシーバー システム

インストール

注意:
ユニットがドライバーの通常の運転機能に干渉しない取り付け位置を選択してください。

  • 最終的にユニットを設置する前に、配線を一時的に接続し、すべてが正しく接続され、ユニットとシステムが正しく機能していることを確認してください。
  • Use only the parts included with the unit to ensure proper installation.
    許可されていない部品を使用すると、誤動作を引き起こす可能性があります。
  • 取り付けに穴の開けやその他の車両の改造が必要な場合は、最寄りの販売店にご相談ください。
  • 非常停止時に運転者の邪魔にならず、助手席に怪我をさせない場所に設置してください。
  • 設置角度が水平から30°を超えると、ユニットが最適な性能を発揮しない場合があります。
    インストール手順
  • 直射日光や熱風、ヒーターなどの高温にさらされる場所や、ほこり、汚れ、過度の振動にさらされる場所への設置は避けてください。

Din Front/Rear-Mount
This unit can be properly installed either from“Front”(conventional DIN Front-mount) or“Rear”(DIN Rear-mount installation, utilizing threaded screw holes at the sides ofthe unit chassis).
For details, refer to the following illustrated installation methods.

インストールオープニング
このユニットは、下図のように開口部のあるダッシュボードに取り付けることができます。

INSTALLATION ATTENTIONS
  1. このプレーヤーは、専門の技術者がインストールする必要があります。
  2. Read the instruction and operation of equipment carefully before installing.
  3. 電源を接続する前に、必ず他のワイヤを接続してください。
  4. 短絡を避けるため。 露出したすべてのワイヤが絶縁されていることを確認してください。
  5. 取り付け後、すべてのワイヤーを固定してください。
  6. Please make connection to the player accordingly to this instruction manual.
    Wrong connection may cause damage.
  7. このプレーヤーは12VDCデバイスにのみ適合し、車がこの種のカソード接地電気システムに属していることを確認してください。
  8. Correctly connect the wires. Wrong connection will cause malfunction or damage the electrical system.

取り付け

注意アイコン 注意: Do not install radio without rear cover installed. No user serviceable parts inside.
Rear cover provides protection against potential fire hazard.
取り付け手順
取り付け手順

配線接続

ISO接続

配線接続

Wire Insertion View
PIN番号 ワイヤーカラー 商品説明
  ORANGE C RIGHT SPEAKER (+)
2 オレンジ/ブラック C RIGHT SPEAKER (-)
3

/

/

4 /

/

5 BLUE パワーアンテナ
6 /

/

7 GRAY/ BLACK A RIGHT SPEAKER (-)
8 グレー A RIGHT SPEAKER (+)
  パープル/ブラック B RIGHT SPEAKER (-)
10 PURPLE B RIGHT SPEAKER (+)
11 褐色 C LEFT SPEAKER (+)
12 BROWN / BLACK C LEFT SPEAKER (-)
13 /

/

14

/

/

15 RED B+
16 GROUND
17 白黒 A LEFT SPEAKER (-)
18 ホワイト A LEFT SPEAKER (+)
19 グリーン/ブラック B LEFT SPEAKER (-)
20 GREEN B LEFT SPEAKER (+)

操作

Location of key

Location of key

  1. VOL/PWR/SEL
  2. LCD
  3. DISC SLOT
  4. SLEEP
  5. 警報
  6. DIM (Dimmer)
  7. SPEAKER A/B/C
  8. 1 ポー
  9. 2 INT
  10. 3 PRT
  11. 4 RDM
  12. 5 DIR13.
  13. 6 DIR
  14. 4.バンド
  15. モード
  16. POWER / MUTE
  17. DISP / BACK
  18. ボタン機能
  19. ボタン機能
  20. ボタン機能 (イジェクト)
  21. EAR PHONE OUTPUT
  22. AUXINジャック
  23. USB INTERFACE (charging)
  24. リセットボタン
  25. USB INTERFACE (music)

OPERATION

Turn ON/OFF the unit and mute function
メディア情報 ボタン機能 /MUTE button to turn ON the unit. When the unit is on, shortly press this button for mute on/off.
Press and hold this button to turn off the unit.

オーディオと設定の調整
Shortly press SEL button and rotate VOL knob to show below:
ZONE A->ZONE B->ZONE C.

To select one of them and press SEL to enter below items:
BAS (-7 +7)->TRE (-7-+7)->BAL (R7 L7)->EQ (POP-ROCK-CLASS-JAZZ-OFF) ->LOUD (off/on)->P-VOL(00-40)

Press and hold SEL button into the SETTING menu as below:
BEEP (off/on)->CLOCK (12/24)->CT (indep/sync)->AREA (USA/EUR)->DX (LOC)->STEREO (MONO)
In each item, rotating the VOL knob to set them.
When shows menu, press the DISP/BACK button to exit the menu.

P_VOL設定
電源オン音量の設定。 シャットダウン時の音量がP-VOLよりも小さい場合。 次回電源を入れると、音量はシャットダウン音量に保たれます。 シャットダウン時のボリュームがP-VOLよりも大きい場合。 次回電源を入れると、音量はP-VOL値に戻ります。

CT(INDEP / SYNC)
CT INDEP: 時計は独立して動作します。 RDSステーションの時刻と同期していません。
CT SYNC: 時計は受信したRDS局の時刻に同期されます。
注意: When the time was set by manual. The CT will back to INDEP mode automatically.

時計24/12: 時刻を24Hまたは12H形式に設定します。
ビープ音(オン/オフ): Turn ON/OFF the beep sound.
エリア(米国/ユーロ): To choose USA or EUROPE frequency

DX/LOC (Distance/Local)
LOC: シークステーションでのみ強力な信号ステーションを受信します。
DX: ステーションを探す際に強い信号ステーションと弱い信号ステーションを受信します。

ステレオ/モノ
ステレオ: FMステレオ信号を受信します。
単核症: FMステレオをモノクロに変更します。 信号が弱いときのノイズを低減できます。

調光機能
Press DIM button to set the brightness to high/mid/low.

FCCの声明

このデバイスは、FCC規則のパート15に準拠しています。 操作は次のXNUMXつの条件の対象となります。

  1. このデバイスは有害な干渉を引き起こさない可能性があり、
  2. このデバイスは、望ましくない動作を引き起こす可能性のある干渉を含め、受信した干渉を受け入れる必要があります。

この機器はテスト済みであり、FCC規則のパート15に準拠したクラスBデジタルデバイスの制限に準拠していることが確認されています。 これらの制限は、住宅設備での有害な干渉に対する合理的な保護を提供するように設計されています。 この機器は、無線周波数エネルギーを生成、使用、および放射する可能性があり、指示に従って設置および使用しない場合、無線通信に有害な干渉を引き起こす可能性があります。

ただし、特定の設置で干渉が発生しないという保証はありません。 この機器がラジオやテレビの受信に有害な干渉を引き起こす場合は、機器の電源をオフにしてからオンにすることで判断できます。ユーザーは、次のXNUMXつ以上の方法で干渉を修正することをお勧めします。

  • 受信アンテナの向きや位置を変えます。
  • 機器と受信機の距離を離します。
  • 受信機が接続されているものとは異なる回路のコンセントに機器を接続します。
  • ディーラーまたは経験豊富なラジオ/テレビ技術者に相談してください。

注意: コンプライアンスの責任を負う当事者によって明示的に承認されていない変更または修正を行うと、機器を操作するユーザーの権限が無効になる場合があります。

この装置は、制御されていない環境に対して定められたFCC放射線被曝制限に準拠しています。 この送信機は、他のアンテナまたは送信機と同じ場所に配置したり、一緒に操作したりしないでください。

 

ドキュメント/リソース

PYLE PLRVSD300 デジタル モバイル レシーバー システム [pdf]ユーザーガイド
PLRVSD300, 2A5X5-PLRVSD300, 2A5X5PLRVSD300, Digital Mobile Receiver System, PLRVSD300 Digital Mobile Receiver System

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。