資料

Megger-DLRO-600-High-Current-Low-Resistance-Ohmmeter-LOGO

Megger DLRO 600 High Current Low Resistance Ohmmeter

Megger-DLRO-600-High-Current-Low-Resistance-Ohmmeter-PRODUCT

安全上の警告

装置を使用する前に、これらの安全上の警告を読み、理解する必要があります。 

DLRO200 は、電源リードを終端するプラグなしで提供されます。
使用前に適切なプラグを取り付ける必要があります。
DLRO200 を使用する場合は、接地 (接地) する必要があります。
計測器には、XNUMX つの理由からアース接続が必要です。 安全基地として。 内部電圧計に接地基準を提供して、危険な電圧が発生した場合にユーザーに警告できるようにします。tage は端子に接続されています。 スイッチを入れると、内部テスト回路がアース線が接続されていることを確認します。 単相電源には、通常、活線 XNUMX 本、中性線 XNUMX 本、および接地があります。 ニュートラル
is connected to ground at some point, so that neutral and ground are both at approximately the same voltage. スイッチオン時に、アースからへの導通チェックがあります
中性。 (電源リードが逆になっている場合に備えて、グランドからライブへのチェックもあります)。 連続性がない場合、装置は起動を拒否し、画面は空白のままになります。 このシステムは、電源が XNUMX つの活相線と接地電位にあるニュートラルがある電源から電力を取得する場合にうまく機能します。 電源が入らないと問題が発生する
XNUMX本の電源線が浮いているポータブル発電機から得られます。 DLRO グランドを実際のグランドに接続すると安全になりますが、グランドと電源線の間に接続がないため、内部テスト回路は機能しません。 問題の解決策: アース端子を実際のアースに接続します (安全のため)。 電源線の XNUMX つを接地に接続します (接地テスト回路を有効にするため)。 発電機のシャーシもアースに接続することをお勧めします (安全のため)。

  • テストの前に、回路の電源を切る必要があります。
  • DLRO200 は、デッド システムでのみ使用する必要があります。 テスト中のアイテムにボリュームがある場合tagアースに対して 10 ボルト AC ピークまたは DC を超えると、DLRO200 はボリュームの存在を示します。tage そして、テストが実行されるのを防ぎます。
  • 誘導回路のテストは危険な場合があります。
  • DLRO200 は、抵抗負荷のテスト用に設計されたハイパワー機器です。 誘導負荷のテストには使用しないでください。
  • DLRO200 の使用中、その電流リードと sample being tested can become hot.
  • これは正常であり、高電流が流れたために発生します。 機器、電流リード、クリップ、およびテストに触れるときは注意してください。ampそれら。
  • この製品は本質的に安全ではありません。 爆発性雰囲気では使用しないでください。
  • 緊急時に電源を切断できるように、電源スイッチに常にアクセスできることを確認してください。
  • この装置を製造元が指定していない方法で使用すると、装置によって提供される保護が損なわれる可能性があります。

概要

Megger® DLRO® 200 は、200 の最大テスト電流を使用して低ミリオームまたはマイクロオームの DC 抵抗を測定するように設計された、AC 電源の低抵抗抵抗計です。 Amp■ DC 使用可能な最大テスト電流は、電源、テスト リードの抵抗、およびテスト対象の抵抗に依存します。 完全な詳細は、この本の後半にある仕様のセクションに記載されています。 電源リード エントリは左側のサイド パネルにあり、DLRO100 の場合は「265-10 V ac、最大 50 A、60/200Hz」、または「115 V ac 10 A max.」とマークされています。 DLRO50-60は200/115Hz。 メインのオン/オフ スイッチは、電源リード エントリの横にあります。 他のすべてのコントロールはフロントパネルに取り付けられています。 電源アースが不十分な場合、機器はスイッチを入れることを拒否し、ディスプレイは空白のままになります。 追加のアース端子は、機器の左側にあります。Megger-DLRO-600-High-Current-Low-Resistance-Ohmmeter- (1)

動作原理
試験開始前に必要な電流を設定します。 TEST ボタンを押すと、少し遅れて電流が設定電流まで増加し、voltage detected across the “P” leads is measured, and the current then reduces to zero.
操作は、232 軸パドルと、バックライト付き液晶ディスプレイに表示されるメニュー システムを使用して制御されます。 キーボードは、必要なテスト電流を設定し、メモを追加するために使用されます。メモは、提供された RSXNUMX ソケットを介して後でダウンロードするために、テスト結果とともにオンボード メモリに保存できます。 測定された抵抗、実際のテスト電流、および測定された体積tage テストが完了すると、ディスプレイに明確に表示されます。 軽量の電流リードを使用すると、DLRO200 が必要な電流を完全に生成できない場合がありますが、10 端子測定技術を使用すると、測定値からテスト リードの抵抗が除去されます。 この場合、測定器は、電流リードの抵抗とテスト対象のアイテムを考慮して、可能な限り最大の電流を生成します。 テストを開始する前に、潜在的なテスト リードの接触を監視して、良好な接触が存在することを確認します。 これにより、誤った読み取りの可能性が減少し、接触点でのアーク放電が防止されます。アーク放電は、そうでなければ、テスト中の項目とテスト リードの接点を損傷する可能性があります。 抵抗測定には約 200 秒かかります。 DLRO5 には、大きなケーブルで終端された 16 メートル (XNUMX フィート) の電流リードが XNUMX 組付属しています。amps、およびより小さく、より軽い潜在的なリード。 必要に応じて、他の長さと終端も利用できます。 大きな端子 C1 と C2 は低音量を供給します。tage (5 から 10 ボルト) は、必要な電流 (200 A から 1 A) を生成するように自動的に調整されます。 CXNUMXはプラス端子です。 この DC ボリュームtage は DLRO200 で半波整流され、平滑化されていません。テスト リードのインダクタンスが電流を十分に平滑化します。 DLRO200-115 には、装置内に追加の平滑化機能があります。 P1 と P2 はボリュームですtage 測定端子。 P1 は公称正ですが、測定に影響を与えずに接続を逆にすることができます。 XNUMX つの端子はすべてフローティングです。 危険なボリュームの場合は警告が表示されますtages は、グランドに対して任意の端子 (C または P) に接続されます。

OPERATION

状況に適したプラグで電源リードを終端します。 機器の電源リードをコンセントに差し込み、機器の左側にあるオン/オフ スイッチを使用して機器のスイッチを入れます。 力 lamp が点灯し、ファームウェアのバージョン番号が表示され、校正チェックが実行されます。 これが成功すると、ディスプレイに「CALIBRATED」と表示されます。 チェックに失敗すると、ディスプレイに「NOT CALIBRATED」と表示されます。Megger-DLRO-600-High-Current-Low-Resistance-Ohmmeter- (2)

少し待つと、ディスプレイはメインメニュー画面に変わります。

メインメニュー画面 

この画面からメニュー システムにアクセスできます。このメニュー システムを使用して、機器をセットアップし、目的のテスト パラメータを選択します。 このメニュー システムのナビゲーションは、カーソル コントロールと Enter キーによって行われます。 画面の上部には、XNUMX つのメイン メニューの選択肢があります。 「TEST」、「OPTIONS」、「CURRENT」。 この下には、選択されたテスト電流 (SET CURRENT)、許容される最大電流 (CURRENT LIMIT)、保存されたテストの数、および現在の日付と時刻の詳細が表示されます。

測定の実行は簡単です。

  1.  XNUMX 軸カーソル コントロールの左矢印と右矢印を使用して、TEST メニューを強調表示します。 下矢印を使用して、必要なテスト タイプを選択します。 Enter キーを押します。
  2.  200 軸カーソル コントロールの左矢印と右矢印を使用して、CURRENT メニューを強調表示します。 下矢印を使用して SET を選択し、Enter を押します。 キーパッドの数字キーを使用して、目的の電流を入力します。 終了したら、Enter キーを押します。 設定した電流が電流制限よりも大きい場合、DLROXNUMX はビープ音を鳴らし、SET CURRENT フィールドをクリアします。 必要に応じて電流制限を目的のレベル以上の値に増やして、目的の電流を再入力します。 (電流制限の設定については、別のトピックを参照してください)。
  3.  を接続しますampテストするファイルを機器の端子に接続し、TEST ボタンを押します。 テストの種類が異なれば、接続要件もわずかに異なります。詳細については、以下のセクションを参照してください。

テストメニュー
TEST メニューでは、XNUMX つのテスト モードのいずれかを選択できます。
自動または連続。 一度にアクティブにできるモードは XNUMX つだけです。
に戻ると、アクティブモードが TEST という見出しの下に表示されます。
MAIN MENU screen.
通常モード
通常モードでは、s の抵抗を XNUMX 回測定します。ampテスト中のファイル。 このモードでは、電流とボリュームの両方に注意してください。tage リードはテスト全体に接続する必要があります。ampテストボタンを押す前のファイル。 TEST ボタンを押すと、DLRO200 は P 回路の接触が良好かどうかをチェックします。 P 回路の導通に問題がある場合、ディスプレイに「POTENTIAL FAIL」と表示されます。 ENTER キーを押してこのメ​​ッセージを削除し、P プローブの接触を調整して、良好な接触が得られるようにします。 テストボタンをもう一度押します。 P 回路の連続性がチェックされ、問題がなければ DLRO200 はテストを実行します。 しばらくすると、C 回路に不適切な接触がある場合、計器は「CURRENT LOOP FAIL」を表示します。 Enter を押してこのメ​​ッセージを削除し、接続を確立して TEST ボタンを押してテストを開始します。 テストが完了する間、一連のバーがディスプレイ全体に表示されます。 別の測定を行うには、テスト リードが接続されていることを確認し、[テスト] ボタンを押します。 NORMAL モードは、メイン メニュー画面の TEST 見出しの下で NORM と省略されます。

連続モード
連続モードでは、現在のリードとボリュームが必要ですtagテストボタンを押す前に、リードが被試験物にしっかりと接続されていることを確認してください。 DLRO200 は vol をチェックしますtagおよび電流ループの連続性を通常モードと同様に維持し、適切な場合は、テスト ボタンを押してテストを終了するまで (または特に高電流が流れた場合は DLRO2 が過熱するまで)、約 200 秒間隔で抵抗測定を繰り返し、連続的な DC 電流を流します。使用済み)。 CONTINUOUS モードは、メイン メニュー画面の TEST 見出しの下で CONT と省略されます。

過熱
200 A で連続運転すると、約 15 分後に過熱が発生します (開始温度を 20 ℃と仮定)。 内部部品が冷えるまで、「HOT」というメッセージがディスプレイに表示されます。 「HOT」メッセージが画面に表示されると、テスト電流がオフになり、すべてのフロント パネル コントロールが無効になります。 電流を減らして動作させると、動作時間が大幅に延長されます。

自動モード
自動モードでは、現在のリードのみを s に接続します。ampルを測定します。 テストボタンを押します。 レッドステータスlamp next to the TEST button will flash signifying that DLRO200 is armed and will remain in a state of readiness until the P circuit is completed. At this time the light will illuminate continuously and the test will be carried out. The progress of the test is shown by a series of bars progressing across the display. To make another measurement it is necessary to break P probe contact with the test sampルとリメイクの連絡先。 例えばampたとえば、長いバス バーの接合部を測定する場合、測定中、つまり P プローブが接続されている場合にのみ電流が流れることを知っていれば、電流回路をバス バーの両端に接続したままにしておくことができます。 単純にvolに連絡するtag測定したい関節にプローブを当てると、測定が有効になります。 AUTOMATIC モードは、メイン メニュー画面の TEST 見出しの下で AUTO に省略されます。 ステータス ライトが点滅している間に TEST ボタンを押すと、AUTO モードを終了できます。
オプションメニュー
オプション メニューには XNUMX つの選択肢があり、さまざまな補助機能を制御し、XNUMX 軸カーソル コントロールと Enter キーを使用して選択します。 これらは、取得、パスバンド、クロックの設定、データの削除、およびストレージです。
検索します
allows the recall of results which have been stored within the DLRO200’s internal memory. There are two choices, Display or Download.
ディスプレイ
最後に保存された結果から順番に、各テストを機器のディスプレイに呼び出します。 カーソル コントロールの Up および Down コントロールを使用して、保存された結果をそれぞれ前後に進めます。 表示したいテストの番号がわかっている場合は、その番号を入力して Enter キーを押します。 画面下部の「MEMO」の横にあるアスタリスク(*)は、この結果に注釈が付けられていることを意味します。 右のカーソル コントロールを押して、 view 注釈。
ダウンロード
データ ストアの内容全体がディスプレイの上の RS232 ポートに出力されます。 ヌル モデム RS232 リード線が装置に付属しています。 データのダウンロードには任意の通信パッケージを使用できますが、ダウンロードを容易にし、データをフォーマットする Download Manager のコピーも提供されます。 別のパッケージを使用する場合、設定は 9600 ボー、8 データ ビット、1 ストップ ビット、およびパリティなしである必要があることに注意してください。 データをダウンロードしても、保存されたデータはメモリから消去されません。 メモリからデータをクリアするには、以下の「データの削除」を参照してください。 注意してください – DLRO200 は、RS232 ポート経由でデータをリアルタイムで利用できるようにし、セルフパワーのシリアル プリンターでの印刷に適しています。 (詳しくは後述)

出力の形式は次のとおりです。

  • 試験タイプ
  • 試験番号
  • 日付形式
  • 日付
  • 時間
  • 選択された電流
  • 測定電流
  • 測定量tage
  • 上限 *
  • 下限 *
  • 合格または不合格 *

※下XNUMX行は通過帯域が設定されている場合のみ表示されます。

Passbands
通過帯域オプションを使用すると、テスト結果に合格が割り当てられる場合に、その範囲内になければならない上限と下限を設定できます。 上限を超えるか、下限を下回る測定値には不合格が割り当てられます。 上限と下限は、必要に応じて m または µ 記号を含む小数点を使用してキーボードから入力します。 Ω記号を入力する必要はありません。 m または µ 記号を入力すると、その特定のフィールドへの入力が完了したことが DLRO200 に通知され、カーソルは次のフィールドに移動します。 上限は 999.9 mΩ 以下で、下限は上限未満でなければなりません。
After completing the upper and lower limits the cursor will move to the ENABLE or DISABLE options. Highlight your choice using the right and left controls and press Enter. You will return to the Main Menu screen. Note: Passbands will remain enabled or disabled until you re-enter this screen and change the selection. If all that is required is to change Passbands from ENABLED to DISABLE or vice versa, enter the PASSBAND screen and press Enter until the ENABLED / DISABLED choice is shown at which time you may change the selection. Pressing Enter will skip over the limit values without changing them if none of the numeric keys has been pressed.
パスバンドが設定されて有効になっている場合、テストの最後にディスプレイに結果が表示され、必要に応じて PASS または FAIL という単語が表示されます。 PASS は装置からの短いビープ音で示され、FAIL は長いビープ音で示されます。
設定時計
このオプションは、日付と時刻、および日付形式を設定します。 この画面に入ると、現在の日付、時刻、および日付の形式が表示されます。
カーソル コントロールの上矢印と下矢印を使用して、強調表示されたデータを調整します。 右カーソル コントロール矢印を使用して、次の項目に進みます。 DD MM YY HH MM の下の行には、それぞれ日付、月、21 桁の年 (24 世紀を想定)、XNUMX 時間表記の時、および分が含まれます。 これらは、使用する日付形式に関係なく、この順序で入力する必要があります。
下の DD/MM/YY は、現在の日付形式を示します。 カーソル コントロールの上向き矢印を押すと、利用可能なオプション DD/MM/YY、MM/DD/YY、または YY/MM/DD が循環します。 これは、Enter を押して Set Clock 機能を終了すると更新されます。 ただし、日付形式を変更する前に既に保存されているテストは、古い形式を保持します。
データの削除
DLRO200 のメモリに保存されているデータを消去する場合は、[データの削除] を選択します。 誤ってこのオプションを選択した場合は、データを削除するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 デフォルトは NO です。 すべてのデータを削除する場合は、これを YES に変更して Enter キーを押します。 注意してください – 保存されたすべてのデータが削除されます。
ストレージ
Storage オプションは、機器を Store または No Store に設定します。 各テストの最後に、完了したばかりのテストと後続のテストでこの設定を変更する機会が提供されます。 各テストの最後に、英数字キーボードの任意のキーを押してアクセスする MEMO 画面にメモを入力できます。 これにより、他の設定に関係なく、テストが自動的に保存されます。 すべてのメモリがいっぱいになると、MEMORY FULL というメッセージが表示され、それ以上のテスト結果は保存されませんが、結果を保存せずにテストを続行することはできます。 メインメニュー画面にも、保存されたテストの数の代わりに「300 MEMORY FULL」が表示されます。 データはバッテリーでバックアップされた RAM に最大 10 年間保存されます。
現在のメニュー
There are two options, SET, and LIMIT
作成セッションプロセスで
This option allows you to set the desired test current. Simply enter the desired value using the numeric keys on the keyboard and press Enter. If the current selected is greater than the limit that has been set, DLRO200 will beep, cancel your entry in the Set Current field and wait for you to enter a valid current.
リミット
いくつかのampテストするファイルは、大電流の通過に耐えられない場合があります。 この場合、テスト電流の最大レベルを設定して、誤って過大なテスト電流が流れないようにします。 このレベルのデフォルトは 200A です。 下限が必要な場合は、キーボードを使用して入力し、Enter キーを押します。 選択された LIMIT 電流が SET 電流より低い場合、SET 電流は LIMIT と同じ値に減少します。 メイン メニュー画面の Set Current の下にアクティブな Current Limit が表示されます。
警告メッセージ
ディスプレイには、測定精度やオペレーターの安全に影響を与える可能性がある特定の警告メッセージが時々表示されます。
テスト回路の連続性
適切な測定には、通電回路とボリュームの両方が必要です。tage 検出回路は、テスト中のアイテムによって完成されます。 DLRO200 は、TEST ボタンが押された後、この連続性をチェックします。 最初に、電位回路がチェックされます。 この回路の導通が悪い場合、「POTENTIAL FAIL」というメッセージがディスプレイに表示されます。 Enter キーを押してこのメ​​ッセージをクリアし、P 回路の不連続を修正します。 もう一度テストを押します。 P 回路が完了すると、DLRO200 はテスト電流を流そうとします。 C 回路の導通が不十分な場合、しばらくすると、DLRO200 は「CURRENT LOOP FAIL」というメッセージを表示します。 Enter を押してメッセージをクリアします。 不具合を修正し、テストを再開してください。|
外部巻tage警告
テストされるアイテムはvolでなければなりませんtag無料です。 DLRO200 が接続されている間はいつでも、テスト対象の項目にボリュームがある場合tage in excess of 10 volts ac peak or dc with respect to the instrument ground potential, a message “EXTERNAL VOLTAGE ON TERMINALS」と表示されます。 これは、テスト対象のアイテムが生きており、危険である可能性があるという警告です。 この状態ではテストを実行できません。 外部ボリュームを削除しますtage. ディスプレイはメインメニュー画面に戻ります。
巻の場合tage was detected at the start of a test you may now start the test. If the voltagテスト中またはテスト終了時に e が検出された場合、結果は無効になり、保存されず、vol のソースを削除した後にテストを繰り返す必要がありますtage.
放電電流警告
テストが完了した後も約 10 mA を超える電流が流れている場合、メッセージ CURRENT FLOW が表示されます。 これは、誘導性負荷が誤ってテストされ、まだ放電していることを示唆しています。 放電警告が表示されている間は、電流ループを切断しないでください。
メモ画面にメモを入力する
各テストの最後に、テスト結果にコメントを追加できます。 Enter を押してメイン メニュー画面に戻る代わりに、任意の英数字キーを短く押します。 テストに関する情報を英数字で 160 文字まで入力できる MEMO 画面に入ります。 すべての情報を入力したら、Enter キーを押します。測定値とメモがメモリに保存されます。 メモを追加したくない場合は、[テスト] ボタンを押して新しいテストを開始するか、[入力] ボタンを押してメイン画面に戻ります。
テスト結果の保存
各テストには順番に番号が付けられ、日付と時間が設定されています。 テスト結果メモリには、最大 300 個のテストを保存でき、それぞれがテスト番号、日付、時刻で識別されます。 メモリーがいっぱいになると、「MEMORY FULL」というメッセージが表示されます。 テストは続行できますが、それ以上の結果は保存されません。 詳細については、オプション メニュー – ストレージを参照してください。
テストデータのリアルタイムダウンロード。
DLRO200 will output data to the RS232 port every second. The data is in ASCII format at 9600 baud, 8 bits with 1 stop bit. Connecting an appropriately configured PC to the RS232 port will enable data to be captured in real time. The information output is as follows: If the output is being monitored when the DLRO200 is switched on you will capture the instrument type (DLRO200) and the version of firmware being run in the instrument.

  • テスト番号1
  • 開始日 21/06/02
  • 開始時間 10:23
  • 日付形式 日/月/年
  • 現在の設定 50
  • 上限 0.9990000
  • LOWER LIMIT 0.0000000
  • テストタイプノーマル
  • 測定された抵抗、電流、ボリュームTAGE
  • 測定された抵抗、電流、ボリュームTAGE
  • 測定された抵抗、電流、ボリュームTAGE
  • 測定された抵抗、電流、ボリュームTAGE
  • 測定された抵抗、電流、ボリュームTAGE
  • 合格または不合格

上限と下限は常にオームで表示されます

テスト技術とアプリケーション

クリーニング
DLRO200 は広告を使用してクリーニングできますamp 布と石鹸液。 DLRO200 を使用して大電流で低抵抗を測定する場合、頑丈なクリップまたはクリップを使用して、大電流リードを被試験物にしっかりと接続する必要があります。amp秒。 デュプレックス ハンドスパイクの使用はお勧めしません。 図のように XNUMX 本のリードを接続します。Megger-DLRO-600-High-Current-Low-Resistance-Ohmmeter- (3)

It is important that the potential probes are positioned on the test samp電流プローブ内のファイル。

テストシーケンス
TEST ボタンを押すか、AUTOMATIC モードを選択すると、テスト シーケンスが開始されます。 P1-P2 ループの連続性は、AC 電流 (100 KHz で約 10 mA) をテスト リードに流し、AC ボリュームを測定することによってチェックされます。tage. C1-C2 ループの連続性は、テストが開始されるまでチェックされません。 連続性の基準は、少なくとも 2 A の電流が流れている必要があることです。 この電流を確立できない場合、機器は「CURRENT LOOP FAIL」を表示します。

リード抵抗
XNUMX 端子測定技術の使用は、リードの抵抗が測定に含まれていないことを意味します。 さらに、潜在的なリードには電流が流れないため、使用されるワイヤのタイプは測定ポイントからは重要ではありません。 view. ただし、長いリードを使用する場合、これらのリードは十分に絶縁され、自重を支えるために十分な機械的強度が必要です。 電流リードのサイズによって、全電流で測定できる最大抵抗が制限されるか、または最大電流出力が 200 A よりやや低いレベルに制限される場合があります。DLRO200 は 200 A を生成できます。 Amp電源電圧がtage が 208 V rms より大きいか、電源電圧の場合は 11 mΩtage of 115 V rms DLRO50 に標準で付属する 2 mm200 リード (DLRO200-115 には 25 mm2 リード (各 4 mΩ) が付属) は、2°C でそれぞれ 20 mΩ の抵抗を持っているため、DLRO200 は最大で測定できます。 15 mΩ (供給 >207 V rms)、または 7 mΩ (115 V rms)、200 A でリードを 20C でテスト中のアイテムで 200 A を超えると、リードがウォームアップし、電流を流す能力が低下します。電流リードを太くしたり短くしたりすると、これらの制限が大きくなります. 必要に応じて、より長い電流リードを使用できます.

Sの干渉と接地ample
理想的には、試験中は試験片を接地する必要があります。 接地されていない場合、ノイズのピックアップ (50/60 Hz など) が精度に影響を与え、通常、測定誤差が最大 1% 増加する可能性があります。 過度のノイズは「EXTERNAL VOL」の原因となります。TAGE」の警告が表示されます。

仕様

Megger-DLRO-600-High-Current-Low-Resistance-Ohmmeter- (4)Megger-DLRO-600-High-Current-Low-Resistance-Ohmmeter- (5)

修理と保証

機器には静電気に敏感なデバイスが含まれているため、プリント回路基板の取り扱いには注意が必要です。 機器の保護が損なわれている場合は、使用しないでください。適切な訓練を受けた資格のある担当者が修理のために送付してください。 例の場合、保護が損なわれる可能性がありますampル; 目に見える損傷を示しています。 意図した測定を実行できません。 不利な条件下での長期保管、または厳しい輸送ストレスにさらされている。

新しい機器は、ユーザーによる購入日から 1 年間保証されます。

注意: 無許可の以前の修理または調整は、保証を自動的に無効にします。

機器の修理とスペアパーツ
Megger Instruments のサービス要件については、次の連絡先にお問い合わせください。

  • MeggerLimitedまたはMegger
  • アーチクリフ ロード バレー フォージ コーポレート センター
  • ドーバー 2621 ヴァン ビューレン アベニュー
  • ケント CT17 9EN ノリスタウン PA 19403
  • イングランド。 アメリカ合衆国
  • 電話: +44 (0) 1304 502 243 電話: +1 610 676 8579
  • Fax: +44 (0) 1304 207 342 Fax: +1 610 676 8625

承認された修理会社
多くの独立した機器修理会社が、メガーの純正スペアパーツを使用して、ほとんどのメガー機器の修理作業を許可されています。 スペアパーツ、修理施設、および最善の行動方針についてのアドバイスについては、指定された販売店/代理店にお問い合わせください。

修理のための装置の返却
機器を修理のためにメーカーに返送する場合は、送料前払いで適切な住所に送付する必要があります。 通関手続きを迅速に行うため、インボイスとパッキング ノートのコピーを航空便で同時に送信する必要があります。 必要に応じて、機器の作業を開始する前に、返送貨物およびその他の料金を示す修理見積もりが差出人に提出されます。

寿命の終わりの処分

WEEE
The crossed out wheeled bin placed on the Megger products is a reminder not to dispose of the product at the end of it’s product life with general waste. Megger is registered in the UK as a Producer of Electrical and Electronic Equipment. The Registration No is WEE/HE0146QT
バッテリー
バッテリーの上に置かれたバツ印の付いた車輪付きゴミ箱は、バッテリーの寿命が終わったときに一般廃棄物と一緒に処分しないように注意を喚起します。 この製品には、DIL-32 IC パッケージに組み込まれたリチウム バックアップ セルが含まれています。 バッテリーの交換は、使用済みバッテリーを正しく処分する Megger 認定の修理業者のみが行う必要があります。 寿命を迎えた廃棄のみを目的として、バッテリはマイクロ PCB にあり、DS1556W-120 とマークされています。
これらの電池は産業用電池に分類されます。 英国での処分については、Megger Limited にお問い合わせください。
EU の他の地域でのバッテリーの廃棄については、お近くの販売代理店にお問い合わせください。 Megger は英国でバッテリーの生産者として登録されています。 登録番号はBPRN00142です

適合性の減速

これにより、Megger Instruments Limitedは、このユーザーガイドに記載されているMeggerInstrumentsLimitedによって製造された無線機器が指令2014/53/EUに準拠していることを宣言します。 このユーザーガイドに記載されているMeggerInstrumentsLimitedによって製造されたその他の機器は、適用される指令2014/30/EUおよび2014/35/EUに準拠しています。 Megger Instruments EU適合宣言の全文は、次のインターネットアドレスで入手できます。

メガーリミテッド
ドーバー、アーチクリフロード
ケントCT17ENイングランド
T +44(0)1 304 502101
F +44(0)1 304 207342
E [メール保護]

メガー
4271ブロンズウェイ、ダラス、
テキサス 75237-1019 米国
電話 +1 800 723 2861 (米国のみ)
T + 1 214 333 3201
ファックス +1 214 331 7399
EU[メール保護]

メガー Pty リミテッド
ユニット26ハドソンアベニュー
キャッスルヒル
シドニーNSW2125オーストラリア
T +61(0)2 9659 2005
F +61(0)2 9659 2201
E [メール保護]

メガーリミテッド
110 ミルナー アベニュー ユニット 1
スカボロー オンタリオ M1S 3R2
カナダ
T +1 416 298 9688(カナダのみ)
T + 1 416 298 6770
ファックス +1 416 298 0848
E [メール保護]

ドキュメント/リソース

Megger DLRO 600 High Current Low Resistance Ohmmeter [pdf]ユーザーマニュアル
DLRO 600, High Current Low Resistance Ohmmeter, DLRO 600 High Current Low Resistance Ohmmeter, Low Resistance Ohmmeter, Ohmmeter

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。